【エトーの自転車メンテナンス講座】ディスクパッド交換編

今日はディスクブレーキのパッドを交換しました。

作業はそんなに難しくありません。
パッドを貫いている割りピンを外して、次にキャリパー本体を外します。
そして、パッドを交換して、再び割りピンを差し込めば終わりです。
ちなみにこのとき、ピストンが出たままになっている場合は、手で押し込む必要があります。

f0159763_2017627.jpg

少し分かりづらいですが、上が使用済み、上が新品のパッドです。
かなり削れている事が分かります。
f0159763_20192428.jpg

フロントはまだ使えそうだったので、そのままにしておきました。

同じように使用して、なぜリアだけ削れが大きかったのか?
思い返してみると、落車した時にローターをゆがめた事がありました。
ローターが手に入るまでの間、ずっと擦らせていたのが原因じゃないかと。

ということは、通常使用なら2年間ほぼ毎日乗ってもディスクパッドは交換しなくてもいい事になります。
レジンパッドでこれだけ耐久性があるのだから、メタルパッドならほとんど交換の必要は無いような気がしますね。

油圧ディスク最高!!
by jumpin-jack-flash | 2011-04-17 20:35 | 自転車


神戸製鋼加古川漕艇部での日々


by jumpin-jack-flash

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
ボート
自転車
日常
映画
旅行
物欲ナビゲーター
未分類

twitter

以前の記事

2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧